学年末考査の真っ最中。
東京選手権から戻った今日は
現代社会・地理・公民の採点に追われ
ヘロヘロになりました。

明日で考査も終了。
本格的に部活再開です。

同時進行で
部員たちの個別面談も始めます。
内容は進路について。
将来どんな職業に就きたいのか。
そのためにどの大学に行きたいのか。

すでにはっきりしてる人もいれば
まだはっきりしていない人も当然います。
彼女たちの気持ちをよくきいて
しっかりサポートしていきたいと思います。

大学で卓球を続ける続けないは関係ありません。
夢の実現に向かってファイトしてくれればいいと思ってます。

むしろ
「勉強なんか出来なくても卓球さえ強ければどこでも就職できる」
そんなのは昔の話。
中央大学からリコーに就職した松生直明も
勉強でも学年5位以内でしたからね。
国立の三重大、島根大でレギュラーとして頑張った先輩や
早慶関関同立など卓球もハードな大学に進んだ先輩たちも勉強はトップクラスでした。

うちの部員たちはみんな
将来の進学のことを考えて
高田高校を選んでくれたと思います。

ワシも高田高校の教師である以上は
部員たちが志望する大学に合格できるよう
指導するとともにサポートしていきたいと思います。