今日はインターハイの中勢地区予選でした。



男女ダブルスとシングルスの予選を1日で行うため
ベスト32までしか行いませんでした。

女子はシード選手は1試合のみでしたが
今できることを精一杯出し切ろうという姿勢は
感じることが出来ました。

男子は女子より参加数が多いので
数試合出来ました。
安定したプレーを見せてくれました。

また県体教からご連絡をいただき
男子に続いて高田高校女子も
国体強化指定校に選んでいただけました。
卓球は高田男女と白子男女となるそうです。
ありがたいことです。

まだまだ弱いですが
精一杯ファイトしたいと思います。




芸濃体育館で練習。
久しぶりにじっくり見ました。



いろいろ指導しようと思ってましたが
結局あんまり指導しなかったですね。



というのも
「こうした方がええかな」
って感じることがあんまりなかったから。

もちろんミスはありますが
前よりもよくなってるなぁと
感じることの方が多かったですね。



選手たちは
自分のプレーに満足できてないと思います。
まぁそれは自然な感情でしょう。

でも久しぶりに多球をトスしてみて
ミスが少なく威力が増していたり
以前出来なかったことが出来るようになってたり
結構よかったです。



立木先生も忙しいなか指導に来てくださいました。
違う角度から選手たちを指導してくださるので
とてもありがたいです。

その立木先生の気持ちに
こたえようと頑張る選手たち。

やっぱり高田は
選手も先生もサイコーですね。
ワシも頑張ります。

今日もほんの10分間ぐらい
部活に顔をだせました。

新しい技術を試している選手もいるなど
みんなよく工夫して頑張ってます。
朝のランニングも「自主力」の高まりを
感じました。



やってもやっても仕事が湧き出てきますが
明日の入学式までにやるべきことは
何とか準備出来た…ような気がします。

明日から怒涛の新学期がスタートします。
とりあえず夏休みまで「休みなし」なんで
身体を壊さないようにファイトします!

サービス練習してから
基本練習。




そして部内リーグ2日目。
やはり予想通り三つ巴になりました。
ゲーム数も3-1で並んだため点数計算へ。

結果的には
落としたゲームを9とか10とか
惜しい負け方をした人が勝ち。
3とかであっさり負けた人が
涙をのみました。

ただ
三つ巴になるってことは
実力の差はほとんどないということ。
負けた人は「なぜ負けたのか」を
心技体全てにおいて総合的に分析し
次の勝利に向けて計画を立てる
『PDCAサイクル』に従い
新たなスタートを切ってもらいたい。

うちのチームは
いまは全国レベルではありませんが
取り組む姿勢だけは全国レベルを真似して
いつかは本物の全国レベルに到達させたいと
思います。




今日は鈴木が國學院大学に武者修行。



一足先に1泊2日で
慶應義塾大学にお世話になっていた前田から
興奮気味の長文メールがきました。
その中の一文。
「私も卓球はもちろんのこと卓球以外の人間性ももっともっと磨いていかなければいけないなと感じました」
そう感じさせてくれるのが慶應義塾大学。
行かせてよかったです。
慶應義塾大学のみなさま
2日間本当にありがとうございました。

さて
部活は部内リーグ初日。





やはり「三つ巴」もありました。
1ゲームの重さを実感したことでしょう。
明日の2次リーグも混戦が予想されます。
1点を無駄にせず最後までファイトしてください。

また男子は
全国選抜の組み合わせ抽選会。
遊学館・樹徳と同じリーグとなりました。

健闘を祈ってます。