浜松商業さんにお越しいただきました。



みなさんすごく元気がよく
見習うところがたくさんありました。
浜松商業のみなさん
ありがとうございました。


さて
うちの仕上がり具合は…
合格点は数人のみ。
ヤバいですねぇ。

今日の結果をみて
団体戦メンバーを4人に絞る予定でしたが
絞れませんでした。
明日以降に持ち越しです。

レギュラーになれるかどうかの
ボーダーライン上に
5~6人がダンゴ状態。

やりたくはありませんが
覚悟のないものから
振り落としていきます。

選手たちに宣言しました。
「レギュラーになること」を目標にしてる人は
振り落とされるということを。
そんなことで満足されては困るんですよ。

日頃
苦しいことや嫌なことから
逃げたり誤魔化したりしてる人ほど
大事な時に結果を出せないってのは
ホンマですね。

逃げたり誤魔化したりせずに
一生懸命頑張っている人でも
結果を出せる保証はないのが勝負の世界。
ましてや逃げてる人が結果を出せるわけがない。


明日から「鬼の目」で
じっくり見させていただきます。



暑いですねぇ。
今日の外気温は31度。
夏?って感じです。

高田高校
あまりの暑さに
昨日からエアコン始動。
11年目になりますが
こんなに早くエアコンが入ったのは初めてかな。
卓球場もエアコンが効いて快適です。

明日は男女ともに練習試合。
そろそろ仕上げていきたいと思います!


今日から部活再開。



急ピッチで仕上げないと…。


今日は鈴木英敬知事から直々
「強化指定証」をいただきました。



平成33年の三重国体に向けて
背中を押していただいた感じです。

強化指定校に
認定していただいたからには
勝つことを意識して
結果を追い求めていきます。

卒業生を含め
これまで頑張ってくれた部員たちのためにも
三重国体まてにもっともっと強いチームを
作っていきたいと思います。

ボヤytaldayファンクラブのみなさま
これからも応援よろしくお願いします。

5月15日(月)から中間考査。
あと1週間しかありません。

今日から選手たちは
ラケットを筆記用具に持ち変えての
試練の考査期間に入りました。

夜も松生道場で練習してる選手たちにとっては
普段はどうしても勉強する時間が少なくなります。
だから考査期間中は部活はオフにして
勉強に専念させます。

「毎日ボールを打たないと感覚がなくなる」
それが一般的な常識とするならば
うちは常識を破ってることになりますね。

でも部活を再開したときの
「ヤバい~感覚ないし~」って
楽しそうに卓球をやってる姿を見ると
常識破りもけっこうイイかもしれないと
思ってます。
なぜならその時こそ
「卓球は楽しい」って思える瞬間だから。

勝つことを追い求める日々が続くと
楽しいなんて余裕はどっかに飛んできますからね。
だから考査明けぐらいは
あってもいいかなと思ってます。

ほぼ年中無休で練習してる高校も
たくさんあります。
ワシも前任校ではほぼ年中無休でした。
その時はそれを武器にしてました。

でも高田でそれと同じことは出来ません。
同じ環境ではないからです。
だからその時とはやり方を変えて
同じかそれ以上の結果を出そうと
頑張っています。
高田には高田の武器がある。
今はそう思ってます。

高田に赴任して11年目。
女子監督として5年目。
選手たちの頑張りと保護者などみなさまの応援のおかげで
戦績は年々向上してます。

これからもしっかり勉強して
選手育成に全力を尽くしたいと思います。


あらためて
応援してくださいました多くのみなさま
おかげ様でインターハイ予選個人の部は
高田史上初の快挙で終えることが出来ました。
本当にありがとうございました。

中間考査が終わったら
団体戦に向けてアクセル全開で走ります。
これからも応援よろしくお願いします。